運動のしすぎは逆効果

筋トレをすれば筋肉痛が起こります。

 

筋肉痛は筋肉へのダメージで、受ければ受けるほど筋肉は強くなっていきます。

 

次に同じダメージを受けても耐えられるように成長していきます。

 

ただし、筋肉の回復には休息時間が必要となってくるのです。損傷した筋肉を修復するのにアミノ酸を取り込みタンパク質へ再合成を始めます。その時間は48-72時間と言われています。

その時間を使って筋肉の修復が完了したら筋トレを再開します。その時間を利用することで、より効果的に筋肉を成長させることができます。

 

このことを超回復といいます。

 

ということで、毎日毎日同じ部位の筋肉をいじめていると回復する前に筋肉の損傷が進むため、回復能力が低下してしまいます。

 

筋トレを毎日実施したい場合は筋トレの部位を変えてトレーニングすることをお勧めします。